大豆イソフラボン比較

弱った骨にソフラボンが効果あり

イソフラボンは以前から大豆に含まれていましたが、その効能・効果が注目され始めたのは最近のことです。
そして、テレビCMではイソフラボンの名称が連呼されたりして、知名度も少しずつ上がってきています。
しかし、まだその効能・効果の全てを知っている人は少ないといえるでしょう。

多くは女性ホルモンと同じような働きをする成分として知られ、女性にとってはいざというときに頼りになるという成分だといえるでしょう。
その効果の一つに弱った骨に有効だというものがあります。
弱った骨というと一体どういうことでしょうか?日本人は昔から和食が中心で大豆食品をよく食べることが多い民族でした。

豆腐やお味噌汁や厚揚げなど、毎日の朝食や食卓に必ず並ぶような食べ物ばかりです。
毎日、こうした食品をきちんと食べている人は、骨が弱くなることはありません。
骨の密度が下がり、骨がもろくなってしまう病気をこ骨粗しょう症と呼んで注意しています。

日本人は女性にこの病気が多く、女性ホルモンの分泌が少なくなる閉経前後に、この病気にかかってしまうことがあります。
イソフラボンは、骨粗しょう症にとても有効です。
骨にはカルシウムが有効です。

子どもの頃に牛乳をたくさん飲んでいたと思いますが、これも骨を強くし骨を育てるためです。
イソフラボンは、カルシウムの吸収を効率よくし、さらに骨から溶け出すのを防ぐことができます。
牛乳を毎日飲み、さらにイソフラボンを摂取していくと、骨の密度を高く保つことができます

そして、ちょっとした転倒にも強い骨を作ることができます。
このように、女性ホルモンの減少で、カルシウムが少なくなり、骨が弱くなっている場合には、イソフラボンが大変有効です。
あまり大豆食品を食べないという人は、サプリメントを飲んで一日の必要量を補うようにしてください。
もちろん、普段の食事でも和食中心で大豆食品をよく食べているという人は、こうした心配は全くありません。
少し意識するだけでイソフラボンをたくさん摂取できます。