大豆イソフラボン比較

イソフラボンと合わせる栄養の相乗効果

イソフラボンは、女性にとてもいいとされる栄養成分です。
それもそのはず、女性ホルモンに似た働きがあり、結果として女性らしい体になっていきます。
そのイソフラボンと相乗効果のある栄養分とはどんなものでしょうか?これにはいくつかあるようですが、例えば、牛乳なども相乗効果のある栄養成分だと言われています。

牛乳は毎日飲んでいる人もいますし、たいてい冷蔵庫に入っていることが多い飲み物です。
健康にいいということと、値段も安いものが多いので、よく飲んでいると思います。
その牛乳に含まれている栄養素は、カルシウムになります。

そのカルシウムですが、牛乳には約11%程度含まれています。
子どものころ牛乳をよく飲めば、身長が高くなるとも言われています。
それはとても基本的な成分ですが、つい忘れてしまうことがあります。

牛乳に含まれているカルシウムには、丈夫な骨を作る作用があります。
さらにイライラするといった精神的に追い込まれて不安定な状態になったときでもその状態を鎮めることができます。
さらにカルシウムが足りなくなると、骨粗しょう症を引き起こすことがあります。

女性の場合特に更年期障害の時期になる40代や50代になると、女性ホルモンの分泌が少なくなり、骨粗しょう症になる確率がとても高くなっています。
そんなときに毎日牛乳を飲むことで、カルシウム不足を補うことができるわけです。
問題は女性ホルモンが少なくなると、カルシウムを摂取しても、骨が溶け出してしまいます。

そこで牛乳とイソフラボンを摂取することがいいということになります。
それも同じように毎日摂取することで、相乗効果が生まれるというわけです。
女性ホルモンとカルシウムはとても密接な関係があります。

イソフラボンにはこのほかにも抗酸化作用がありますので、アンチエイジング効果も期待できます。
この他にもタンパク質やミネラルなども一緒にバランスよく摂取することで、総合的に健康や美容にいい効果をもたらします。