大豆イソフラボン比較

生理中のイソフラボンに関して

健康と美容にとても効くとされているイソフラボンですが、この言葉を聞いてもまだよく知らないという人は、まだまだ健康と美容に関しては、研究不足かもしれません。
それもそのはずで、イソフラボンは主に大豆に含まれる成分ですが、この言葉がよく使われるようになったのも、まだ新しいからです。
そして、まだ知らない人もたくさんいますが、わかっているだけでもたくさんの効能・効果があり注目の栄養成分になっています。

イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするものですが、生理中の摂取に関しては、問題ないのでしょうか?女性の生理時の症状には、いろいろな現象があり、体の足や顔の部分がむくんでしまうこともあります。
こうしたむくみに関しては、疲れや血行不良に加え、老廃物が溜まっていることや体内での水分の流れが滞るといったことが原因となっているようです。
生理前や生理中は、女性ホルモンが変化しており、減少しているものと考えてください。

さらに血液は骨盤の周りに集まってきます。
そのため、全身の血行が悪くなってしまうわけです。
むくみは生理前整理中の女性ホルモンの変化によるものですが、血流そのものが悪くなっています。

血流が悪いと肩こりや頭痛なども頻繁に起こるようになります。
体も冷えるようになり、人によっては、生理痛がひどくなります。
こうした体の変調により、気分が悪くなったり、体のむくみや痛みやコリなどが起こってしまいます。

生理中にイソフラボンがいいとされるのは、女性ホルモンの減少を補う働きがあるからです。
イソフラボンなら、毎日の食事の中で大豆製品を意識して食べることで十分に摂取できるものです。
食べるものも和食中心にして豆腐や納豆、豆乳、味噌などを必ず入れるようにしてください。
血行の悪化には、入浴時のマッサージやツボを押すなど、血流をよくすることも大事なことです。
生理前・生理中には積極的に食事に摂り入れるようにするといいでしょう。