大豆イソフラボン比較

イソフラボン摂取に関するリスクについて

美容と健康に抜群の効果をもたらすイソフラボン。
しかし、このイソフラボンも摂取するに当たって、少し注意することがあります。
いくら健康にいいからといって、摂りすぎるとと健康に悪影響を及ぼすというリスクがあります。

一日の摂取量の目安が決まっています。
その量は70mgから75mgぐらいだとされています。
この量はあくまでも目安で、若い人や男性ならもう少し少なくても問題ないでしょう。

普段の食事をする中で、大豆などのイソフラボンを含む食品はたくさんあります。
サプリメントを摂取するときも、一日の摂取量の半分程度の30mgくらいに抑える必要があります。
それ以外に食事で食べる量を示しておきましょう。

豆腐は1/2丁、納豆は1パック、そして、油揚げが一枚になります。
この目安量を見てもよくわかるようにイソフラボンは食事に大豆食品を少し加えるだけで、摂取することができます。
そのため、食べ過ぎないように気をつけてください。

たくさん摂取していいときというのは、出産後の女性です。
女性は出産後に体調不良になることが多いので、たくさん摂取するといいでしょう。
こうした栄養摂取に関してコントロールできるというのも、イソフラボンのいいところです。

多めに摂取したいということであれば、サプリメントが一番簡単で手軽な方法です。
しかし、一番いい方法は普段の食事の中で大豆製品を一日3食食べる中でどこかに入れていく方法です。
大豆そのものには、過剰摂取を防ぐ働きがあり、少しぐらい食べ過ぎたとしても問題ありません。

ちなみに、摂取しすぎた場合は、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
胃腸の調子が悪くなり、乳がんなどになりやすくなります。
これは女性だけではなく、乳児やヨウ素欠乏症の疑いのある人には、特に注意しておいて欲しいことです。
こうして、イソフラボンは摂取量を間違えなければ、女性にとって美容と健康にいい効果をもたらしてくれます。
神経質にならずに定期的に摂取することが大切です。