大豆イソフラボン比較

イソフラボンに関する種類と効果

イソフラボンという成分を知っているでしょうか?これは大豆に含まれているフラボノイドの一種になります。
このイソフラボンが、美容や健康にとてもいいということで、近年になりとても注目され出しています。
また、長寿国日本にあっては、健康に対する意識の高まりから、健康食品やダイエット食品、さらに健康器具やフィットネスクラブなどもたくさん出てくるようになりました。

そんな中でイソフラボンは、健康食品としても、普段の食事の中でもしっかりと摂取できて、とても健康に素晴らしい効果があるものとして人気が高まっています。
ところで、イソフラボンは大豆にだけ含まれているわけではなく、他の植物にも含まれていることがあります。
そして、特定の一つの物質を表しているのではないことに注意してください。

大豆の胚芽に含まれているフラボノイドのうち、ダイゼインやグニステインなどの非配糖体と配糖体としてグニスチン、ダイジン、グリシチンがあります。
最後に配糖体がアセチル化したもの、マロニル化したものがあります。
少し難しくなりましたが、この3種類の物質と誘導体のことをイソフラボンと呼んでいます。

注意して欲しいことは、その働きをみると女性ホルモンと似た働きがあるということです。
その理由は、構造が似ているというところから来ています。
こちらも少し仕組みは難しくなりますが、女性ホルモンでよく知られるエストロゲンの受容体が、代わりにイソフラボンが結合したものと同じような形になります。

そして、大豆だけではなく、どんなイソフラボンにもこうした効果があり、女性ホルモンの代わりを果たすことができるようになっています。
イソフラボンの効能は、強い骨を作り、生理のときには体調を整えてくれます。
肥満を予防できるためダイエットにも有効です。
そして、バストアップや便秘の解消にも効果を発揮しますので、女性にとってこれほど最適な栄養成分は他にはないといっていいでしょう。