大豆イソフラボン比較

イソフラボン効果はアンチエイジングもある

健康だけではなく、美容にもとてもいい効果があるとされるイソフラボンですが、両方の効果を合わせるとアンチエイジング効果もあるということになります。
イソフラボンは大豆に含まれる栄養成分で、納豆や豆腐などに含まれているものです。
男性よりも女性にとても大きな影響を与えてくれます。

その理由は、女性ホルモンに似た働きをするためです。
女性ホルモンの一つにエストロゲンというものがありますが、イソフラボンはこの女性ホルモンの働きの代わりをするものです。
その働きとは、肌のコラーゲンを生成し、潤いを保つことを助ける働きです。

そして、更年期を迎えたときに肌の衰えや乾燥が一気にひどくなるのは、女性ホルモンが極端に減ってしまうからです。
そのおかげで、気分が悪くなる女性もたくさんいます。
また、ストレスなども老化には大敵です。

ストレスが原因で、生理不順になって、肌のハリがなくなり、乾燥してしまうことがあります。
こうした現象も女性ホルモンが減ってしまうことから起きることで、若い人であっても、なぜか老けた印象を与えてしまいます。
イソフラボンにより、心筋梗塞になる確率も減り、乳がんや前立腺がんなどの予防や治療にも使われるなど、病気の予防にも大変効果があるということになります。

イソフラボンのアンチエイジング効果は、体の内側と外側の両方に効くものです。
肌は内臓の状態をよく表していると言われています。
つまり、肌が若くきれいであれば、内臓も若いという具合にその状態は一致しています。

アンチエイジングに関するイソフラボン摂取には、大豆食品を定期的に食べるといいでしょう。
摂取量は少なくても構いませんし、2日に一回といった程度でも問題ありません。
気がついたら、大豆食品を食べる、こうした姿勢で健康に気を配った食事をするといいでしょう。
日本人はもともと和食中心の食生活でしたので、大豆を使った食品をよく食べる機会があります。
アンチエイジングももしかしたら、そんな食生活に秘密があるのではないでしょうか?