大豆イソフラボン比較

イソフラボンの化粧品成分

イソフラボンときくと食品に含まれているイソフラボンのイメージを抱きがちですが食品いわゆるサプリメントやドリンク剤などに含まれているイソフラボンとは別の成分が導入されています。

化粧品に含まれている成分は肌に浸透しやすいように新たに開発されています。

主な成分はイソフラボンをはじめサポニンやタンパク質などを含むダイズ種子エキス、ダイズの種子の水分を抽出したエキスです。
そしてダイズエキス、アントシアニンやポリフェノールなど美肌効果の高い成分を中心に「豆乳発酵液」なども含まれています。

イソフラボンの化粧品は肌の水分力を高め、ハリやツヤを出す、吹き出物、シワやシミなどの改善、女性ホルモンへ働きかけるイソフラボンはムダ毛などの抑制効果などにも優れた効果が期待できます。

また、イソフラボン化粧品に含まれる成分にはコラーゲンの生成をサポートする作用があります。
コラーゲンは皮膚のタンパク質の一種であることはヒトの身体の皮膚や筋肉、内臓、骨、爪、髪の毛などすべての部位の組織に組み込まれている成分でありますがなかでも皮膚や骨、軟骨、血管壁などに多く分布している特徴があります。

このコラーゲンもヒトの身体で生成される成分ではありますが、加齢とともに機能は衰え生成率も減少してくる傾向にあります。

そのため、イソフラボンなど外からの摂取で補う必要があります。
化粧品もその一つです。
イソフラボン化粧品を利用することで肌にハリやツヤを導きやすくします。