大豆イソフラボン比較

女性ホルモンとイソフラボン

女性に大人気のイソフラボンは女性ホルモンの一種エストロゲンと似た働きをすることでも知られています。
エストロゲンは別名「美人ホルモン」とも呼ばれるほど美に関連しているのです。

しかし、エストロゲンは20歳をピークに年々減少していくことで疲れやすくなったり、肌にもハリや弾力が衰えシワっぽく感じてきます。
エストロゲンは抗酸化作用の働きがあり身体を錆びつかせないよう抑制する機能を持ち合わせています。
その影響で細胞は元気に活動しターンオーバーも正常に機能することで肌はうるおいやハリツヤが保たれているのです。

しかしエストロゲンが減少してくると抗酸化作用の働きも鈍くなり酸化しやすく錆びやすい体質となり肌の衰えや疲労感を感じるようになるのです。
しかし、加齢により減少したエストロゲンは再び体内で生成されることはありません。
そのため、病院で女性ホルモン注射を摂取するかエストロゲンと似た作用をもたらすイソフラボンなどの健康食品を摂取する必要があります。

前述でも紹介した通りイソフラボンはエストロゲンと似た作用をもたらし副作用も少なく気軽に利用できるのも人気です。
また、身体に直接摂取するだけでなく、化粧品などのコスメ商品としても発売されています。

イソフラボンを含んだ化粧水などを直接つけることで肌へ浸透し老化原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用の効果を期待することが出来ます。