大豆イソフラボン比較

イソフラボンって本当に体にいい?

日本人にとってはなじみの深い豆腐や、しょうゆ、納豆などの原料である大豆に多く含まれているイソフラボンという成分ですが、なんとなくイソフラボンというワードは、テレビやCMなどでよく耳にするし、健康にいいと聞くし、とイソフラボンを摂取することに好意的に感じて、サプリメントなども服用している人も多いのではないでしょうか?
このイソフラボンは、私たちの健康にとってもとても良い働きをしてくれるのは事実です。
イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似通った性質をもつことで知られており、閉経前後に訪れるつらい更年期障害のあらゆる症状の改善などに、非常に効果があると言われており、また乳がんなどの予防や、再発の予防にも効果があると言われています。
しかし、このイソフラボンは、摂れば摂るほどいいというものではないことを知っておく必要があると言えます。
私たち日本人は、普段の食事でイソフラボンの摂取は十分に足りており、サプリメント等で補う必要はないのです。

サプリメントなどで普段の食事にプラスしてイソフラボンを摂る場合には、摂取量に要注意です。
適量を計算するように心がけましょう。
イソフラボンの過剰摂取は、女性ホルモンのバランスを崩してしまい、月経異常などを引き起こしてしまうことがあります。

また男性も、乳房が膨らんできてしまうなどの症状を引き起こしてしまうことがありますので、男女ともに摂取量には十分に注意が必要です。