大豆イソフラボン比較

大豆イソフラボンの摂取目安

大豆イソフラボンは体に良いということはよくききますが、いったいどのくらいとればよいのかをご存知でしょうか?大豆イソフラボンの摂取目安についてご紹介しましょう。

大豆イソフラボンを食品からとる場合、豆腐2分の1丁、納豆1パック、煮豆およそ80gです。
1日40~50㎎を目標としてとることをおすすめしますが、なかなか毎日大豆製品を食べるのは大変なことですよね。
そんなときに便利なのが大豆イソフラボンのサプリメントです。
サプリメントは携帯をするのにも便利ですし、水と一緒に飲むだけなのでとっても簡単です。
なかには、そのまま飲むことができるものもあります。

大豆イソフラボンをとるときには、一緒にカルシウムをとることで骨粗鬆症の予防をすることができます。
カルシウムが多く入っている食べ物は、牛乳や小魚です。
これらを一緒に食べて、骨が弱くなることを防ぎましょう。

また、コレステロールが気になるという方は、あじやぶりなどの魚と一緒にとりましょう。
このような魚に多く含まれているドコサヘキサエン酸が、体内にたまっている中性脂肪を減らします。
また、きのこやこんぶなどの海藻類もあわせてとることをおすすめします。
血液をさらさらにしたり、食物繊維のはたらきでおなかの調子を整えます。

大豆イソフラボンのサプリメントを選ぶときは、上記のような成分が含まれているものを選ぶと、一度に取ることができるため一石二鳥ですね。