大豆イソフラボン比較

女性の身体をサポートするイソフラボン

大豆に含まれるイソフラボンは、身体の中でホルモンと同様の働きをすることで女性から人気を集めている成分です。
諸外国から比べると、日本人は大豆加工製品を摂取する機会に恵まれていますが、それでも近年は減少傾向にあります。

そのため、サプリメントでイソフラボンを摂取する人が増えてきました。
更年期症状の改善や軽減・美肌作り・癌発症リスクの低下・骨粗しょう症の予防など、加齢によるエストロゲンの減少で身体に起こる問題を、イソフラボンを摂取することによって予防・改善できることが数多くあるからです。
他の健康食品とイソフラボンの違いは、イソフラボンそのものが効果を発揮しているのではないことです。
女性エストロゲンと同じ役目を果たすことで、身体の機能を正常化する潤滑油のような役割を補っているのです。

イソフラボン自体にある効能には、高い抗酸化作用があります。
人間の老化とは、身体が酸化することで始まります。
その体内老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれる作用が、イソフラボンにはあるのです。
この抗酸化作用には、体内の新陳代謝を高める働きもあるため、加齢で遅れがちなターンオーバーを正常に戻してくれるので、みずみずしい美しい肌を保つことができます。

また、イソフラボンを摂取したことによる健康への被害や副作用などは、大豆製品の食物アレルギーがない場合には今まで確認されていない安全な食品です。