大豆イソフラボン比較

イソフラボンの種類と共通する効果とは

女性に良い効果があることで知られるイソフラボンですが、実はいろいろな種類があるのです。

イソフラボンはポリフェノールの一種で、大豆やレッドクローバー、葛などのマメ科の植物に多く含まれています。
大豆は食品として身近で摂取しやすく、イソフラボンといえば大豆イソフラボンのことを指していると考えてよいでしょう。

大豆イソフラボンにはゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインの3つがあります。
これらはアグリコン型イソフラボンと呼ばれ、糖鎖が外れて体に吸収しやすい形です。
糖鎖が付いて吸収されにくい形をグリコシド型イソフラボンと呼び、ゲニスチン、ダイジン、グリシチンという名前になります。
グリコシド型は大豆そのものや大豆を加工した製品に多く、腸内でアグリコン型に分解されてから吸収されます。
アグリコン型は大豆発酵食品に多く含まれるのですが、製造過程で減少する場合もあります。

これらの大豆イソフラボンは、どれも人間の体の中で女性ホルモンに似た働きをする植物エストロゲンと呼ばれる物質なのです。
エストロゲンが不足することで引き起こされる更年期障害の症状をやわらげたり、骨粗しょう症の予防、コレステロール値の上昇を抑制する、肌がきれいになるなどの効果が期待できます。

ゲニステインは効果が強いため体への影響が心配される面もあります。
ダイゼインは大豆胚芽に多く含まれていて、効果が穏やかです。
グリシテインは効果はほとんどないようです。