大豆イソフラボン比較

大豆イソフラボンで太りにくい体質へ

「毎日同じ量を食べているのに、最近太ってきた」と感じていませんか?
もしかしたら、体内のエストロゲンが減ってきているのかもしれません。

エストロゲンは、女性ホルモンのひとつで、脂肪を燃やす働きがあります。
また、脳に満腹であると知らせる働きもあるため、エストロゲンがたくさん分泌されていれば、食べてもすぐに太るということはありません。
もし、20代の時と食事の内容や量などが変わっていないのに、明らかに体重が増えているという人は、エストロゲンの減少を疑った方が良いかもしれません。

では、減ってしまったエストロゲンを補うにはどのようにすれば良いのでしょうか?エストロゲンは、大豆イソフラボンで代用できます。
大豆イソフラボンは、植物由来のエストロゲンで、女性の身体をサポートする作用があります。
大豆イソフラボンを摂取することにより、エストロゲンと同じような効果が期待できます。
大豆イソフラボンは、文字通り、大豆製品に多く含まれています。

煮豆など大豆そのものはもちろん、枝豆や大豆もやし、ピーナッツやひよこ豆にも含まれています。
豆腐製品も豊富です。
木綿や絹の他、高野豆腐や厚揚げ、おからにも含まれています。

湯葉は50g中、140mgも含まれていて、他の大豆製品に比べて群を抜いています。
大豆や豆腐製品は、和食に使いやすく、日本の食卓に馴染み深い食べ物です。
毎日の献立に取り入れて、太りにくい体質へ改善していってください。