大豆イソフラボン比較

各イソフラボンに共通する効果とは?

イソフラボンに期待できる効果としては大きく2つあります。

ひとつは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることから、女性のホルモンバランスを調整する効果と、もうひとつは細胞の酸化による老化を抑止する抗酸化作用です。
イソフラボンは大豆に多く含まれていることでも既に有名ですが、実はイソフラボンには実は2つの種類があります。
分子構造の違いによって「グリコシド型イソフラボン」、「アグリコン型イソフラボン」の2つにわけられます。

栄養素として吸収するためには糖が分解され、より小さな分子となっている「アグリコン型イソフラボン」であることが必要なのですが、大豆そのままの納豆や豆腐、豆乳などで摂取する場合は分子の大きなグリコシド型イソフラボンとしての摂取となります。
腸内細菌の消化作用で糖が分解されアグリコン型になってようやく体内へ吸収されるため、腸内でようやく体内に吸収できる形態となるために一般的に吸収のピークは食事から6~8時間後、そして2割程度しか吸収することができないといわれています。

残りの8割は吸収が間に合わず、そのまま体外で排出されてしまいます。
一方、醤油や味噌で摂取するのは食品加工の段階で既にアグリコン型になっているため吸収率はグリコシド型の約3倍、吸収のスピードも約2時間でピークとなります。

効率よく体内にイソフラボンを吸収し、効果を期待するならば吸収率にも気を配りたいところです。