大豆イソフラボン比較

イソフラボンの共通の効果とは

イソフラボンが含まれている食品のうち、代表的なのが、大豆製品です。
和食に大豆は欠かせません。

豆腐、納豆、みそ、しょうゆ、きなこ、煮豆や炒りマメにして投げたりもします。
そんな大豆には、ワインとの共通点があります。
それは、ポリフェノールです。
共通される効果には、抗がん作用と、生活習慣病予防という2つの大きな効果が期待できます。

また、大豆と共通点があるのが、ザクロです。
イソフラボンはエストロゲンと似た作用をすることが知られています。

ザクロにも、同様にエストロゲンのように働く成分があります。
ただし、含まれている量がそれぞれ少ないのが難点です。
大豆とザクロ共通の効果としては、肌に潤いが生まれる美肌効果、ダイエット効果、精神安定効果が期待できます。

意外なところでは、大豆はプエラリアと共通の効果があります。
含有量に違いがあるものの、互いにイソフラボンを含んでいるため、抗酸化作用でアンチエイジング効果、女性らしい体を作る効果もあるようです。

大豆イソフラボンは、食物から摂るのが原則です。
冬なら鍋に豆腐、野菜や肉、魚と共に豆乳鍋などいかがですか。
栄養バランスのいい暖かい食べ物がいいでしょう。

年齢と共に食事量が減りぎみのかた、和食に縁遠い方でも、大豆イソフラボンのサプリメントで摂る方法もあります。
歳を重ねるごとに減ってゆく骨量の改善や更年期障害の緩和にも期待が高まりますね。