大豆イソフラボン比較

更年期と大豆イソフラボンについて

女性が閉経の時期をむかえる頃になると、誰でも訪れてしまうのが更年期と呼ばれる時期です。

更年期の症状には個人差があります。
ちょっとした体調不良を感じるだけで済んでしまう方もいれば、症状が重いため体調不良となり、気分まで沈んでしまう方もいることでしょう。
こうした更年期の時期を楽に乗り越えるための手段として、活用したいのが大豆イソフラボンの存在です。

実は大豆イソフラボンには、憂鬱な更年期を楽にしてくれる効果があるのです。
更年期の症状がある女性を被験者とした実験では、一日約40ミリグラムのイソフラボンを一か月間摂取し続けたところ、更年期特有の症状を緩和させることができたのです。
更年期症状には様々なものがあります。

身体が冷えたり、のぼせたように顔や全身が熱くなったり、動悸やめまいがすることもあります。
大豆イソフラボンを摂取することで、被験者の多くの方が実感したのが身体のほてりの症状がなくなったことです。

このことから、身体ののぼせやほてりに悩まれている方は大豆イソフラボンを積極的に摂取した方がよいでしょう。
また更年期の時期に大豆や大豆製品を摂取することによって、骨粗鬆症を予防することができます。

女性ホルモンには骨を丈夫にしてくれる役割があるのですが、閉経時の女性は女性ホルモンが減少してしまうため、カルシウム不足になってしまいます。
しかしイソフラボンを摂取することによって、骨粗鬆症を予防してくれるのです。