大豆イソフラボン比較

イソブラボンで生理前のイライラとサヨナラ

生理の前になると、イライラしてしまったり過食気味になってしまったり自分で自分をコントロールできなくなってしまう事がありませんか?
それらの症状はPMSと言われ、ホルモンバランスやビタミンやミネラルが不足するなど様々な症状が合わさって発生します生理前の一時的な事だからと割り切る事もできますが、毎月の事なので周囲への影響も考慮し、回避したいですよね。

PMSの症状が重い場合、婦人科でピルや漢方で利用を受ける事もできますが、日常生活でも気を付ければさらに不快な症状は軽減されます。
そこで注目したいのがイソブラボンです。
エストロゲンはホルモンの一種で分泌量のバランスが取れないとPMSの症状が現れます。

イソブラボンにはこのエストロゲンの働きを抑えたり、分泌が足りない場合は代わりになったりとコントロールする働きがあります。
イソブラボンが多く含まれPMSに効果があると言われているのが豆乳です。
豆乳を毎日200ml飲めば一日に必要なイソブラボンが摂取できます。
ただし過剰摂取は禁物です。
豆乳に含まれる大豆イソブラボンは豆腐や納豆にも含まれますので調整しながら摂取しましょう。
豆乳を飲むメリットはPMS対策にもいろいろあります。

豆乳には大豆たんぱくが豊富でコレステロールを低下させる効果がありますし、大豆ペプチドには吸収してしまった脂肪を燃焼させようとする働きもあります。
たくさんの栄養が含まれているので美肌効果も期待できます。