大豆イソフラボン比較

イソフラボンが含まれる豆乳の飲み過ぎに注意

イソフラボンを手っ取り早く摂取したいと思うのであれば、豆乳を飲むとよいでしょう。
最近では、フルーツ味やカフェオーレ味、抹茶味などさまざまなフレーバーがあるので、豆乳はとても飲みやすいものになりました。

しかし豆乳は飲む量に注意しなければなりません。
喉が渇くたびに豆乳を飲んでいたら、とんでもないことになってしまうのです。
大豆イソフラボンが含まれている豆乳を毎日ガブ飲みしていると、なんと男性でも乳がんになってしまうのです。

また乳がん以外にも、胸が女性のように大きくなりすぎてしまうこともあるのです。
大豆イソフラボンがたくさん含まれている豆乳には、脳を活性化させてくれる栄養素が含まれています。

オリゴ糖も含まれているので、腸内環境を健康に保ち、便秘を予防してくれる効果もあります。

また女性が飲むと、骨粗鬆症や乳がん、更年期障害の予防をしてくれる効果があるのですが、これはあくまで一日の摂取量をきちんと守ることが大前提でもあるのです。
豆乳はガブ飲みしてしまうと、とんでもない健康被害に遭ってしまうため注意する必要があります。

一日に必要な大豆イソフラボンは70ミリグラムなので、豆乳は一日300ミリグラムまでしか飲んではいけないのです。
豆乳を飲んだ日は、食事にも気を使わなければなりません。
豆腐や納豆などの大豆食品も一日の食事の中で摂ってしまうと、イソフラボンを過剰摂取してしまうことになりかねません。