大豆イソフラボン比較

イソフラボンの取りすぎリスク

イソフラボンは体にいいというイメージが定着していますよね。

もちろん日本人は昔から大豆食品を多く食べてきています。
豆腐・納豆・高野豆腐・味噌など挙げればきりがありません。
毎日の食卓にもよくあがる食品です。
これらの大豆製品は日本人は長い間食べてきた経験があるので、食べ過ぎによる健康への害が報告されたことは今までありません。
しかしサプリメントとなると話が違います。
1日あたりのイソフラボンの摂取量は、75ミリグラムまでと考えられていますが、そのうち食べもの以外からのサプリメントなどでとる量は1日30ミリグラムまでがいいとされています。
大豆イソフラボンは植物からなるエストロゲンの1つで、女性ホルモンと似ていて同じような作用をします。
月経がある女性がイソフラボンを取りすぎると、女性ホルモンのバランスが崩れるて、月経が不順になったり、子宮内膜増が厚くなってしまうなどの弊害があります。
閉経後の女性には長期間のイソフラボン過剰摂取のときに子宮内膜増殖症の報告例があるそうです。
乳がんに対しても、助長するという報告と、逆に予防になるという報告と両方があるそうです。

では、イソフラボンは取らない方がいいのかということになりますが、これらはサプリメントでの過剰摂取のお話で、食品からとるのは問題がないし、むしろ体に有益だと考えられています。

大豆はタンパク質、またカルシウムなど栄養豊富な食品なので毎日の食卓にのせていきたいものです。