大豆イソフラボン比較

大豆イソフラボンの魅力に迫る!

大豆イソフラボンには様々なパワーがあり、健康維持や美容への働きが期待されています。
年齢・性別を問わずに活用できることから、様々な製品に使用されています。
実は研究論文の数も非常に豊富で、科学的にも注目され続けている栄養素です。

このサイトでは、そんな大豆イソフラボンの魅力に迫ります!
同時に、実感しやすい製品の選び方や正しい飲み方などもご紹介します。
イソフラボンについての情報を網羅したコンテンツを目指しました!

イソフラボンの働き

イソフラボンには様々な働きがあります。更年期の身体の変化をケアしたり、美容を支えたり、バストアップやダイエットをサポートしてくれます。最近では、妊活への働きも注目されています。そんなパワーについて詳しく解説してみました。それぞれの目的ごとのお薦めサプリも紹介!

実感した方々の声

大豆イソフラボンのサプリメントを飲んだ方々は、実際にはどんな感想を持っているのでしょうか?「こんなことに役立った」「こんな目的に活用した」などなど、口コミをまとめてみました。サプリメントを選ぶときや、イソフラボンについてもっと知りたいときに役立つコラムです。

ランキング

失敗しないサプリメント選びに役立つランキングをつくりました!本当に人気のある製品だけを厳選しているので必見です!

選び方

失敗しない製品選びに役立つ「基本のポイント」をまとめました。まずはこれを読んで知識を蓄えましょう!

スタイル管理活用術

「理想のスタイルを手に入れたい!」そんなときの大豆イソフラボン活用術を解説してみました。ぜひチェックしてみて下さい。

大豆イソフラボンとは?

大豆イソフラボンは、言わずもがな「大豆」に含まれている栄養素。
十数年前から注目を集め始めました。

注目されている最大の背景は、エストロゲン様作用という働きにあります。
(植物エストロゲンとも呼ばれる働きです。)

これは、イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)と似た形で女性ホルモンを助ける働きをすることを指します。
このパワーについては、世界的にも様々な研究が行われています。

大豆イソフラボンは、一般的な食事でも摂取することが可能です。
丸大豆はもちろんのこと、大豆関連製品である味噌や豆腐、納豆などからも微量のイソフラボンを摂ることができるのです。

しかし、食品の中では、イソフラボンは糖が結合した「配糖体」という形で存在しています。
配糖体はグリコシド型とも呼ばれていて、食べると体内で糖の部分が分離して「アグリコン型」という形になって吸収されます。

食品から摂取できる量は?

大豆は、日本ではいろいろな食品に加工され、摂取するチャンスも多い食材ですよね。
では、大豆関連食品を食べることで、十分な量のイソフラボンを摂ることはできるのでしょうか?

もちろん、それも可能ではあります。
食品安全委員会によれば、大豆イソフラボンアグリコンの一日あたりの摂取目安量は70~75mg。

納豆なら3パック、豆乳なら300g、豆腐であれば1丁(300g)に換算することができます。
これは、一人で食べるには、少し量が多いように感じられます。

健康と美容を考慮するのであれば、毎日同じ食材を食べるのは避けたいところ。
栄養価が偏ってしまうことが考えられるからです。
いわゆる「バランス」を考えることが大切です。

それを踏まえれば、サプリメントでの摂取は非常にお薦めです。
サプリメントであれば、カロリーも最低限に抑えることができますし、イソフラボンをピンポイントで摂取することが可能になります。
栄養バランスの乱れが生じることもありません。
また、吸収されやすい状態で配合されている製品を選べば、しっかり身体に行き届き、満足のいく実感を得ることができます。

自分にあった製品を選ぼう!

上記した通り、サプリメントは大豆イソフラボンを効率よく摂取する為の心強い味方です。
しかし、サプリメントならどんなものでも役立つという事ではありません。

「高品質でコストパフォーマンスに優れたもの」をしっかり見極めて選ばないと、なかなか実感につながらないので注意が必要です。

人気製品の傾向を見てみると、大豆イソフラボンの配合量は20~30mg程度が理想。
さらに、安全管理が徹底されているものを選ぶこと、飲みやすいものを選ぶことなどを覚えておきましょう。

また、悩みにあわせて製品を選ぶこともポイントです。
例えば、基本のサプリという製品には、大豆イソフラボン以外にも、ぶどう種子ポリフェノールや葉酸、ビタミンD3などが配合されています。
その為、健康維持だけでなく、美容やダイエット、バストアップなどにも活用することができます。

自分の気になる症状や補いたい成分から、サプリメントを選ぶのもお薦めです。
詳しくは、こちらのコンテンツを参考にしてみてください。

続けることが大事

大豆イソフラボンのサプリメントを飲んで、健康維持や美容などに効果を感じたいのであれば、長期的に継続して摂取することが必要不可欠です。

大体の目安ですが、3ヶ月は継続して飲むようにしましょう。
イソフラボンが少しずつ身体のサイクルを整えて、健康や美容に役立てることができるようになります。

1日や1週間で大きな変化を感じることができるものではありませんから、じっくりと実感を期待しましょう。

3ヶ月を超えても、半年、一年と長く続ければ続けるほど、身体に良い影響が期待できます。

もちろん、ただ続けるだけではなく、正しい生活習慣を心がけることも重要です。
食事や運動などの基本も見直しながら、サプリメントを摂取するようにしましょう。